マルチングにバーク堆肥のススメ


今日は寒い1日だった⤵
先日からマキで作業中の 宿根草のお片付け=3
コレオプシスの株元に 新しく出た葉がワンサカいたので 
そこから上の先輩方をスッキリ切り落とした ✂
e0341606_22243770.jpg

さようなら先輩方 そしてありがとうぅぅ ༼❁ɷ❁༽
e0341606_22265882.jpg

気付くとこのコレオプシスは
7月から4か月間も咲いてたのだった (ノ゚ο゚)ノ
あと1か月頑張れば 勤労感謝の日の表彰対象だったのに残念⤵
e0341606_17201915.jpg
この所は こんなふうに株元をひたすら綺麗にすることに没頭💦

それと並行して 冬の間は長い期間雪の下敷きになるので
低木や 今秋に新しく迎えてまだ根が張れてない宿根草に
暴漢 ←あぁっ またPCがおバカ (ー∀ー;)
防寒のために庭主ペコリは マルチングにいそしんでいる

そのマルチングに去年使った “バーク堆肥”が
とても効果があったので おススメしたいのでござる
e0341606_22375101.jpg
このバーク堆肥は バーク(樹木)を発酵させたもの
ワタクシは上の画像の ペレットタイプを使っている

バーク堆肥のメリットは
①土壌改良効果
②保水力が高まる
③牛糞など 他のたい肥よりもその効果が長持ちする
と聞く

宿根草などに比べて 肥料を与える機会が少なくなりがちな低木には
周りに数か所穴を掘って油かすなどの寒肥を入れ
その上から バーク堆肥でマルチングしている
e0341606_22445076.jpg

翌年 土はカチカチにならずしかも雑草も生えにくい
見た目も とーっても綺麗である (* ̄∇ ̄*)
e0341606_22520534.jpg

しかしながら土壌改良であれば マルチングよりも
土中に混ぜてこそ効果が発揮出来るのでは? という疑問も沸くのだが
昨年 アナベルにマルチングとして使ったこのバーク堆肥が
とても効力を発揮した事件があったの ←もう超大げさ(爆)

ワタクシはアナベルを愛するあまり
お庭の2か所に植えている ʅ( ‾⊖◝)ʃ

1つは4年前に植えた道路沿いの場所
e0341606_22365261.jpg
この道路沿いは 朝から1日中陽が当たる場所
アナベルは 普通の紫陽花と違って比較的耐暑性があるのが嬉しい
e0341606_22585348.jpg

そして2か所目は 昨年の秋に新しく植え付けた
お庭の一番奥ゾーンである
e0341606_23002628.jpg
これぞ1日のうち何時間かだけ陽が当たる 
アナベルにも嬉しい半日陰ゾーン

去年 この新人アナベルにバーク堆肥のマルチングをし
さぁ 先輩アナベルにもっ! と思ったらあーた
バーク堆肥が無くなっちゃったんですけどっ ╮( ꒪౪꒪)╭

もう仕方ない
無くてもお亡くなりにはならないし…と年を越したのだ

そしたらば今春 なななんと
バーク堆肥のマルチングをした方の 新人アナベルの芽出しが
とっても早いうえに 勢いが良かったのだ
e0341606_23081441.jpg
少し間をあけて 先輩アナベルの芽吹き=3
あーた 大株なのにずいぶんゆっくりなさってたわネ と
思わず突っ込みたくなった次第である (ᅙωᅙ)

なので今年は バーク堆肥を切らしてはなるまいと
去年より多めに用意している

で! 昨日アナベル&ノリウツギを剪定し 記事にしたのだが
去年 バーク堆肥をもらい損ねた道路沿いの方々の株元を
しっかりマルチングしておいた ( ̄▽+ ̄*)
e0341606_23111974.jpg


愛するアナベル達よ
来年もワタクシをニヤニヤさせてちょーだいネ
e0341606_23195665.jpg


更新の励みになりますので ポチっとしてくださると嬉しいです




[PR]
by pecorinoniwa | 2018-10-29 23:45 | いろんなコト | Comments(2)
Commented by mayumitokazu at 2018-10-30 19:58
こんばんは
私は、牛糞たい肥を利用していましたのよ
参考になるわぁ
ぺこりさんのお庭は生き字引
なんちゃってガーデーナーの私
師匠と呼ばせていただきます。
Commented by pecorinoniwa at 2018-10-31 00:16
マユミさん こんばんは(*'▽')

生き字引! めっめっめっそうもございませーん(笑)
師匠! とととととんでもございませーん(爆)
しかーしバーク堆肥は 本当におススメでございますヨ(#^.^#)
寒くなって来て焦っております💦
マユミガーデンはいかがでしょうか?

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 小さすぎる紅葉&植えまくり アナベルの剪定メリット&デメリット >>